新しい趣味はダイビングをしよう!

ブランドリンク/タイトル

ダイビングとシュノーケリング

シュノーケリングは比較的浅瀬で水面を泳ぎながら海を見下ろすことを楽しむことに対して、ダイビングは酸素ボンベを背負い海の中に潜り、海底からの海を楽しむことができます。
シュノーケリングに必要な道具として、シュノーケル、潜水用のゴーグル、フィンの3点のみであり、ホームセンターでも購入できるため、比較的安価で気軽に楽しむことができます。
ダイビングは、ボンベを背負い季節に応じてウエットスーツ、ドライスーツを着用しなければなりません。
そのうえ、ライセンスを取得していない人は取得している人と一緒に潜らなければなりません。
ボンベの空気が続く限り、長く深く潜ることができますが、体を冷やしてしまいやすいので、季節によってスーツの使い分けが必要となっています。
道具を一通り揃えるにはシュノーケリングよりもお金がかかるとされています。
水中から海を楽しめるダイビングで人気のスポットが沖縄の青の洞窟です。
国内外から観光客が集まり、大変な人気を集めています。
青の洞窟は、自然が作り出した洞窟であり、青一色の海に魚の群れが集まり、幻想的な世界を作り出している場所です。
これを見るために海に潜りたいと各地から訪れており、夏に向けて観光客も増えることが予測されています。

ダイビングに必要なものと人気スポット

ダイビングとは空気のタンクを背負って潜水するものである。
潜水可能な深さは40m、最大潜水時間は3時間半が限度とされています。
必要な器材は呼吸のための空気を運ぶスクーバタンク、タンク内の圧力を調整するレギュレーター、体温や傷から身を守るためのダイビングスーツ、浮力を調整するBC、マスク、フィン、ウエイトとそれを固定するベルト、コンパス。
これらの器材は購入するかレンタルも可能です。
レンタルするにはCカードと呼ばれるライセンスも必要です。
ライセンスは指導団体が実施する技能講習を終了すれば取得できます。
日本では必ずしも必須ではありませんが安全上、技能講習を受けた方が良いです。
必要な費用は講習費用、教材や申請代、器材レンタル代などがかかりショップによっても異なるが4-7万円ほど。
これに潜水する場所までの交通費や宿泊費用がかかります。
ダイビングの海外人気スポットはパラオ。
ロックアイランドと呼ばれるキノコ状の島々が海面に浮かびあがる光景が独特で水中で泳ぐマンタがいることでも人気。
その次にモルディブ、フィリピンと続きます。
国内の人気スポットは石垣島。
石垣島だけで200ものショップがあります。
次に沖縄本島、宮古島と続き、その他の八重山諸島も人気です。

Valuable information

振袖などのお着物をレンタルしている貸衣裳専門のネットショップです。

振袖 レンタル

事業計画書ならお任せ!金融公庫や保証協会の実績1千件を突破。メール対応2.8万、電話対応3.8万

携帯買取

街コンイベントの人数設定を多すぎず、少なすぎず適正な人数設定にしている事で、一人一人と向き合う時間がとれます

街コンを大分で見つける

Last update:2016/11/15

『ダイビング』 最新ツイート

@Tanatos_6w

@shirokur0nek0 @Lucifer1Kg スカイダイビングのがいいなあ チョモランマからジャンプしても地面近そうだし

3分前 - 2016年12月02日


@ashumbley

@_kumanyan_ 嬉しいいい!でもダイビングは私も絶対無理ですよ😂😂装備も水深も全然違いますもんね😂😂ニモかわいい…

5分前 - 2016年12月02日


@Tanatos_6w

@Lucifer1Kg キット楽しいよ スカイダイビングかなんかで使うグライダースーツなら飛んでる感出ると思うし 普通のも落ちてるってよりは飛んでる感強いと思うけどね

6分前 - 2016年12月02日


PAGE TOP

COPYRIGHT(C) ダイビングを始めよう! ALL RIGHT RESERVED